スマートフォン版はこちら

セーブ・ザ・チルドレンとは

質の高い組織と事業づくり 「事業アカウンタビリティ 〜”当事者”である子どもや大人への説明責任を果たすために〜」

活動を支援してくださる方々へ、事業内容や成果について説明することもとても大切ですが、もう一方で私たちの活動の「当事者」である子どもや大人へ説明責任を果たすことも、セーブ・ザ・チルドレンにとって大切な取り組みの一つです。特に活動の「当事者」の方々を主に対象とした説明責任を果たすために導入した取り組みを、「事業アカウンタビリティ」と呼んでいます。
私たちは、自分たちが実施する事業の内容や成果に関する情報を、事業の影響を最も受けやすい子どもをはじめ大人や関係者の方に向けて公表し続けることを約束します。特に子どもにおいては、それぞれの発達段階に配慮した形での情報の精査・発信が大切と考えています。(事業のモニタリング・評価結果に関する情報は、こちらをご覧ください)
2014年度においては、東日本大震災復興支援で行った中間評価結果を子どもたちに直接伝えるために、子ども向け報告書(チャイルドフレンドリー版)及び大人向け報告書を作成しました。岩手県、宮城県、福島県の約25,000人の子どもに配布しました。

東日本大震災復興支援事業 中間ふりかえりレポート

事業について、ご意見・ご要望をお聞かせください

事業アカウンタビリティのもう一つの取り組みとして進めているのは、私たちの事業と接点があった方や関係者の方への影響について、できる範囲で正確に把握し、もし負の影響があった場合はいち早くその状況を是正することです。この状況把握には事業に関わった方から広くご意見・ご要望を受け付けることが必要であるため、「みんなのこえ窓口」を立ち上げました。事業を通して、何か問題などがあれば子どもたちや関係者の方々にとって最善の結果が得られますよう、速やかな解決・改善を目指します。

みんなのこえ窓口(ご意見・ご要望)

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、すべての子どもにとって、生きる・育つ・守られる参加する「子どもの権利」の実現に向けて、子どもたちとそして子どもを支える関係者の方々と、活動をしています。
私たちの事業を、子どもたちにとって、そして子どもを支える関係者のみなさまにとってより良いものにするために、ご意見・ご要望を受け付けています。

<この窓口でお受けするご意見・ご要望>

  • セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの活動(活動内容や進め方に関して)。
  • セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの職員及び組織関係者(ボランティア、業務委託先、協働団体なども含む)に関して

公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

みんなのこえ担当

こども専用メールアドレス→kodomonokoe@savechildren.or.jp

おとな専用メールアドレス→koe@savechildren.or.jp

郵送:東京都千代田区内神田2-8-4 山田ビル4F

FAX:03-6859-0069(ファックスに「みんなのこえ担当者宛」と明記してください)

こちらのフォームをご活用ください。

質の高い組織と事業づくり

子どもにとって安心・安全な組織・事業づくり

事業モニタリングと評価

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP