スタッフブログ

スタッフブログ

【各国活動】

【福島:放射能リテラシー(14)】 「避難している人はいつ帰れますか」 〜 留学生からの質問 〜

「自分を取り巻く放射能に関する問題に当事者意識を持ち、自分の考えを自分の言葉で語る」、これは今、福島の子どもたちに必要な、とても大切な力のひとつかもしれません。…

続きを読む

活動テーマ別:
防災(災害リスク軽減)
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:放射能リテラシー(14)】 「避難している人はいつ帰れますか」 〜 留学生からの質問 〜」イメージ

【各国活動】

子どもたちと一緒に防災訓練をするために!〜小松地区防災研修会〜

宮城県東松島市小松地区の自主防災会、自治会、行政区の役員さん18名が集まり、地域で子どもと大人が一緒になって、より質の高い防災訓練を行うために、防災研修会を行い…

続きを読む

「子どもたちと一緒に防災訓練をするために!〜小松地区防災研修会〜」イメージ

【各国活動】

【福島:放射能リテラシー(13)】 「楢葉に帰るか帰らないかを家族でちゃんと話し合おうと思った」 〜避難指示解除が決まった楢葉町の子どもたちの気持ち〜

7月7日、福島県の新聞は、双葉郡楢葉町(ならはまち)が「9月5日に避難指示解除」されるというニュースを一面トップで伝えました。これは、原発事故後、ずっと全町避難…

続きを読む

活動テーマ別:
防災(災害リスク軽減)
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:放射能リテラシー(13)】 「楢葉に帰るか帰らないかを家族でちゃんと話し合おうと思った」 〜避難指示解除が決まった楢葉町の子どもたちの気持ち〜」イメージ

【各国活動】

高校生と小学生の防災ワークショップ〜また高校生のお姉さんと「みんなで遊んでたすカルテット」で遊びたいな!

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、宮城県東松島市で「子どもから子どもへの防災学習」を推進しています。2015年7月27日には、市内の石巻西高校の生徒が放課後児…

続きを読む

「高校生と小学生の防災ワークショップ〜また高校生のお姉さんと「みんなで遊んでたすカルテット」で遊びたいな!」イメージ

【各国活動】

高校生が防災学習のファシリテーター〜石巻西高等学校「防災体験学習T」〜

宮城県石巻西高等学校では、災害発生時に役立つ知識やスキルの習得を目的とし、年に2回「防災体験学習」を1日かけて行います。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは昨年と…

続きを読む

「高校生が防災学習のファシリテーター〜石巻西高等学校「防災体験学習T」〜」イメージ

【各国活動】

【福島:放射能リテラシー(11)】 自分だけが知っている心のつぶやき 〜原発事故からこれまで、そして、これから〜

東日本大震災とそれに続く原発事故発生から4年が経ちます。当時、小学校低学年だった子どもたちも今は、もう中学生です。子どもたちは、4年前のことをどのように記憶にと…

続きを読む

活動テーマ別:
防災(災害リスク軽減)
国・地域別:
日本/東日本大震災/福島
「【福島:放射能リテラシー(11)】 自分だけが知っている心のつぶやき 〜原発事故からこれまで、そして、これから〜」イメージ

【各国活動】

東松島市総合防災訓練に向けた防災学習〜矢本第二中学校・鳴瀬未来中学校

宮城県東松島市の矢本第二中学校と鳴瀬未来中学校で、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンがNPO法人プラス・アーツと共同開発した防災教育教材「とっさのひとこと」と「な…

続きを読む

「東松島市総合防災訓練に向けた防災学習〜矢本第二中学校・鳴瀬未来中学校」イメージ

【各国活動】

【ネパール大地震から3カ月】必要最低限なニーズが満たされない状況の中、子どもたちが強い恐怖や不安を感じていることが明らかに

仮設シェルターで避難生活を送るKismatさん(3歳)ネパール大地震の発生から明日で3カ月、 国際NGOプラン、 セーブ・ザ・チルドレン、 ワールド・ビジョンの…

続きを読む

活動テーマ別:
緊急・人道支援 防災(災害リスク軽減)
国・地域別:
ネパール
「【ネパール大地震から3カ月】必要最低限なニーズが満たされない状況の中、子どもたちが強い恐怖や不安を感じていることが明らかに  」イメージ

【各国活動】

【福島:学童(17)】いわき市で放課後児童クラブの指導員を対象に防災研修を実施しました!

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(以下SCJ)は、福島県いわき市の放課後児童支援員等(以下、指導員)を対象に、7月3日に防災研修を実施しました。本研修はSCJと…

続きを読む

「【福島:学童(17)】いわき市で放課後児童クラブの指導員を対象に防災研修を実施しました!」イメージ

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP