トップページ > プレスルーム  > 【人材募集】国内事業部 子ども虐待の予防事業 プログラム・オフィサー

(公開日:2018.08.01)
【人材募集】国内事業部 子ども虐待の予防事業 プログラム・オフィサー


今回募集する人材についての詳細(所属:国内事業部)
職種:子ども虐待の予防事業 プログラム・オフィサー 1名
雇用形態:契約職員
雇用期間: 勤務開始日より1年間。当初3ヶ月は試用期間。原則契約更新。
勤務開始時期:2018年9月(応相談)
勤務地:東京事務所(千代田区内神田)、出張あり
勤務日:週5日
勤務時間:1日8時間(休憩時間別途、フレックスあり)
待遇:団体の規定による


【業務内容】
日本国内における子ども虐待の予防事業に関する以下の業務
1.政策提言
・子どもの体やこころを傷つける罰を禁止するための法改正に向けた、政府関係者へのロビイング活動など
・体罰をはじめとする子どもに対する暴力の根絶に関する海外の先例および最新情報の収集、国連機関等への情報提供など
・イベント、学会等における発表
2.社会啓発
・シンポジウムや講座など、啓発のための各種イベントの企画・実施
・啓発ツール(パンフレット・冊子、動画、専用ウェブページなど)の企画・制作、および制作されたツールの普及・活用
・その他、社会啓発をする上で必要となる関連情報の収集、整理など

上記1、2の活動に付随して発生する各種調整、進捗管理、所内事務、他の民間団体などとのネットワーキング、


【必要とする経験と資格】
1. 社会人経験3年以上。うち1年以上の期間、NGO・NPO、行政機関、一般企業、その他の民間団体などにおいて政策提言、社会啓発、広報などの活動経験・職歴があれば尚可。
2. 日本語での円滑な業務遂行、文書作成ができる方
3. ビジネスレベルの英語の会話、文書作成、読解ができる方(国連、国際NGO、各国のセーブ・ザ・チルドレンなどが作成する英文発行物や各種情報の読解、英語でのメール連絡やスカイプミーティングが業務で必要となります)
4. ビジネスレベルのPC スキルがある方(ワード、エクセル、パワーポイント等)
5. 休日出勤や宿泊を伴う国内出張が可能な方
※ 保育、医療、教育、子育て支援、子ども虐待予防関連など、日本国内での子ども支援・家族支援の経験、およびワークショップなどでのファシリテーションの経験があると望ましい。


【望ましい資質】
1. セーブ・ザ・チルドレンの基本理念に賛同できる。
2. 組織の一員としての自覚を持ち、円滑な人間関係を築くことができる。
3. 自発的にオーナーシップをもって業務に取り組み、的確な報告・連絡・相談ができる。
4. チームによる円滑な事業運営に資する協調性と、高いコミュニケーション能力がある。
5. 心身ともに自己管理力がある。
6. 子どもの支援に関する高い倫理意識があり、規範的な実践を示すことができる。


【応募方法】
メールの件名に「国内事業部 子ども虐待の予防事業プログラム・オフィサー応募」と明記のうえ、履歴書(和文・写真添付必須)、職務経歴書(和文)、志望動機(和文A4サイズ1枚)、語学証明書の写しをjapan.recruit@savethechildren.org まで電子メールにてご送付ください。(応募書類不返却、責任廃棄)
書類選考後、面接日などの詳細を連絡いたします。
*採用が決まり次第、応募を締め切らせていただきます。


【子どもにとって安心・安全な組織・事業づくりへの取り組み】

セーブ・ザ・チルドレンは、国際的な規範を定めて、子どもたちが心から安心して参加できる組織・事業作りを推進しています。
採用選考過程では、「刑罰・懲戒や特定の行為に関する経歴申告書」(様式あり)をご提出いただき、審査の一助とさせていただきます(不採用の場合、不返却、責任廃棄)。
当会に採用が決定した際には、業務開始前に、「子どもにとって安心・安全な組織・事業づくりに関する行動規範」についてご説明させていただきますので、遵守することを定めた誓約書に署名のうえ、ご提出いただきます。





あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP