トップページ > プレスルーム  > J1柏レイソル 新体制発表会でSCJへの支援発表(2012.02.01)

(公開日:2012.02.01)
J1柏レイソル 新体制発表会でSCJへの支援発表(2012.02.01)

このたび、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは、株式会社日立柏レイソルより社会貢献活動の一環として、SCJのベトナムでの教育支援にご支援いただくことになりました(リリースはこちら)。


発表会場は柏市市民文化会館。当日は抽選で選ばれた約1500人のサポーターが会場に。

1月31日に行われた、2012年柏レイソル新体制発表会の席で、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへの支援に関しても発表、ロゴ入りユニフォームもお披露目していただきました。
株式会社日立柏レイソル常務取締役の寺坂様より、2006年に掲げた「常に正義を全うし、社会貢献を果たす」という柏レイソルの基本コンセプトにもとづき、SCJをご支援いただくクラブの理念を発表いただきました。「クラブとサポーターとが一丸となって、昨年は念願のJ1リーグ優勝、クラブW杯出場を果たすことができ、プロサッカークラブとしてますます社会的責任が大きくなってきたと感じるようになりました。従前より行っている地域への貢献に加えて、世界の子どもたちへの支援を模索していた際に、歴史があり、活動に透明性のある国際NGOセーブ・ザ・チルドレンへの支援と参加をしていく決定をしました」とご説明いただきました。その後の、柏レイソルの新ユニフォーム発表の際には、セーブ・ザ・チルドレンのロゴが入ったリーグ戦ユニフォーム2012年モデルを田中順也選手が着用してお披露目下さいました。

新ユニフォームの発表。左から、北嶋選手、ワグネル選手、田中選手


パンツ左裾部分に入ったSCJのロゴをアピールしてくださる田中選手


この取り組みは、金銭的支援にとどまらず、広報活動のご協力、SCJスタッフによる「子どもの保護(接しかた)」等に関する研修を選手やスタッフが定期的に受講していただくなど、企業とNGOの双方向的な支援活動となります。

◆柏レイソルによるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへの支援内容

〜 「ベトナム」での「教育」支援活動への金銭的支援
〜 リーグ戦ユニフォーム(パンツ)へのSCJロゴ掲出
〜 柏レイソル公式HP、その他各種広報物等へのSCJロゴ掲出
〜 オフィシャルファンクラブ「アソシエイツ」会員様へのSCJの支援活動全般・募金活動のPR
〜 SCJスタッフによる「子どもの保護(接しかた)」等に関する研修を選手やスタッフが定期的に受講
◆支援期間
2012年1月1日〜2012年12月31日(1年間)

本件のリリースはこちら


柏レイソルサポーターに「勝利の感動に加え、社会貢献での感動も体験いただけますよう、
ぜひご支援ください!」とあいさつするSCJ法人連携部マネージャー 深見俊朗


SCJは、みなさまのご支援、ご協力に応えられるよう、子ども支援の活動にまい進します。
(報告:広報 佐藤則子)

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP