トップページ > スタッフブログ > バヌアツ > 大型サイクロン(パム)による甚大な被害を受けた南太平洋の島国バヌアツへの支援(2015.03.16)

バヌアツ
(公開日:2015.03.16)

大型サイクロン(パム)による甚大な被害を受けた南太平洋の島国バヌアツへの支援(2015.03.16)

 
南太平洋の島国バヌアツでは、3月13日(金)に大型サイクロン(パム)による甚大な被害を受けました。家屋は倒壊し、木々は根こそぎ倒れ、通信網は絶たれています。国連は「この暴風は、これまで大洋州を襲った最も最悪の災害のひとつである」と声明をだしています。大型サイクロン(パム)により被害を受けた人々は、260,000人以上におよびますが、沿岸地域へのアクセスは困難を極めており、被害の全容はつかめていません。



数百人の人々が家を失い、緊急の仮設住居に避難したり、農業を生業にしていた人々は農地を失い、食糧難に直面する恐れがあります。仮設住居は長期間の生活には適していません。また、新たなサイクロン(ネイサン)がこの地域へ向かっており、数日後にバヌアツへ上陸すると予想され被害の拡大が憂慮されています。

セーブ・ザ・チルドレンは、バヌアツにおける25年以上の支援活動を積み重ねてきた実績を活かし、大型サイクロン(パム)が上陸する以前から地域の住民とともに、水の備蓄や安全な場所への避難、窓の補強、トイレ設備の確保など緊急事態へ備えた活動をしてきました。そして、大型サイクロン(パム)が去った今、被災者支援を開始しています。


衛生用品キット、食糧、水などの支援物資を準備するセーブ・ザ・チルドレンのスタッフ

被害の状況が明らかになるにつれて、アクセスが困難な沿岸部の地域への支援に尽力するとともに、すでに首都ポートビラの避難所では、避難している家族の食糧確保や体調維持など支援を実施しています。さらに、これからも安全な水を配ったり、子どもたちの安全を確保したり、衛生用品キットを配布する支援を開始予定です。


災害などによって損なわれやすい子どもたちのいのちとみらいを守るための「いのち・みらい貯金箱」へのご支援をお願いいたします。

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP