トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 子どもたちが発信!「まつしいの足跡〜山田町めぐり〜」Vol.5 (2012.11.29)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2012.11.29)

子どもたちが発信!「まつしいの足跡〜山田町めぐり〜」Vol.5 (2012.11.29)

 

ついに第五弾目となった岩手県山田町の子どもまちづくりクラブメンバーによる「まつしいの足跡〜山田町めぐり〜」。先月のメンバーによる町長への活動紹介をふまえ、今回はメンバー7名がまちづくりに関し、山田町長にインタビューをしました。復興の現状や大人と子どもが一緒にまちづくりについて話せる機会の創出、山田町とまつしいの今後の協力など、いろんな話が出てきたようです♪

これまでの活動はこちらへ ⇒ You Tube「matsusii KYT チャンネル」


■「まつしいの足跡〜山田町めぐり〜」@山田町役場■
2012年11月16日(金)、山田町子どもまちづくりクラブ「けっぱれ山田Toekomst」(通称KYT)のメンバーで町長にインタビューをしました。前回は商工会の会長と専務理事にインタビューし、山田町の復興の現状を知ることができました。今回は町長にいろんな質問をしたいと思います。(`・ω・´)キリッ

 

作戦会議中(≧▽≦)



 
※動画内に出てくる(・M・)まつしい、(●・M・●)まつこ。山田町の特産品であるまつたけとしいたけを組み合わせたKYTメンバーオリジナルキャラクターです


質問内容
〜復興計画の状況を町のみんなに伝えてください。(`・ω・´)シャキーン
町長「町民への説明会や個別に復興計画の説明を地域で実施していて、年内には被災している地域すべてで実施する予定です。町で決めた(※1)危険地域には住居を建ててはいけないので、そこから自分の元々の土地がなくなるという噂が広まっているようですが、そうした人にはもちろん代替え地を用意します」

※1)危険地域:今回の津波で浸水した深さが2mの地域。具体的に、山田地区では国道45号線より海側が危険地域に指定されており、住居は再建不可となっている(工場など産業施設は可)。(・M・)

 
町長さんに質問((´・ω・`))ノ


〜まちづくり委員会に子どもまちづくりクラブメンバーなど子どもたちも参加させてください。(`ω´)キリッ
町長「子どもたちがそうした話に関わることは、とても良いことだと思います。まちづくり委員会は大人の会議ですが、私を含めた役場の担当者が子どもたちと一緒にまちづくりに関する話し合える場を持ちたいと思いますので、総務課長に調整してもらいます。」
 

子どもの意見も聞いてもらえるヾ(*・ω・)ノ ルンルン♪

〜まつしいの山田町主催イベントへの参加やグッズ販売の許可をよろしくお願いします。(*´・ω・`)ノ
総務課長「(※2)まつたけは毎年10月くらいに出荷しますが、(注2)しいたけは、放射能の問題で今は販売できません。来年の今頃、出荷規制が解除されたら、PRすることはできると思います。」

※2)山田産のまつたけは、寒暖差から香りや歯ごたえが良いと評判(・M・)まつしい
※3)山田産のしいたけは内閣総理大臣賞を受賞(●・M・●)まつこ

 
(・M・)まつしい「山田町のために協力するぞ」

 

〜参加したKYTメンバーの感想〜
・町長さんにちゃんとお話をきいてもらえたのでよかった。
・たくさん質問言えて良かった。
・町長さんといっしょに話せたのでよかった。きんちょうしたけれどいろいろなことが知れてよかった。

今回、山田町長に会っていろんな質問をして、また山田の復興の現状を知れました。これをもとに、次回につなげたいです!


(報告:山田町子どもまちづくりクラブKYTメンバー&遠野事務所・山田心健)


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP