トップページ > スタッフブログ > アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター) > 2013年G8ロック・アーン・サミットのシリアに関する声明に対するセーブ・ザ・チルドレンの見解(2013.06.19)

アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター)
(公開日:2013.06.19)

2013年G8ロック・アーン・サミットのシリアに関する声明に対するセーブ・ザ・チルドレンの見解(2013.06.19)

 

今回のG8首脳国声明におけるシリアの甚大な人道危機に対する資金援助の表明は歓迎されますが、この援助をシリア国内に届けるためアクセス確保については十分に言及されていません。現状、シリアでは何百万もの人々がセーブ・ザ・チルドレンのような人道支援団体が支援を届けることが出来ない状況に置かれています。シリア全土にわたり、支援を届けるためのアクセスが妨げられることのないよう、G8首脳国による紛争当事者への圧力を強める必要があります。新たな資金援助は人々の命を救うことが出来ますが、支援機関がアクセス出来ない地域に取り残された人々にとっては、一刻を争います。これらの人々に支援を届けられるようアクセスを得られなければ、子どもたちとその家族はこの紛争が続く限り苦しみ続けることになります。


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP