トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 子どもまちづくりクラブVol.42〜宮城県石巻市〜(2014.02.14)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2014.02.14)

子どもまちづくりクラブVol.42〜宮城県石巻市〜(2014.02.14)

 

石巻市子どもまちづくりクラブは、石巻市子どもセンターの完成、市への寄贈に伴い、石巻市子どもセンターの事業として活動を続けています!約2年間、石巻市子どもセンター完成に向けて活動してきた石巻市子どもまちづくりクラブは、これから石巻市子どもセンターを拠点とし、一体どんな活動をしていくのでしょうか。今回は石巻市子どもまちづくりクラブがこの春取り組む活動の様子を紹介します♪


■これまでの活動を活かし、商店街の活性化に向けてさらに活動!■
開所記念式後、1月26日の活動では、新たに3名のメンバーも加わり、まず昨年までの活動をふりかえり!「子どもまちづくりリーダーツアーってなに?」という新メンバーの質問に対し、「子どもまちづくりリーダーツアーでは神戸に行き、震災からの復興の取り組みについて学ぶために、商店街の方に聞き取り調査をしてきたんだよ」と答えるメンバー。これまでの活動をふりかえりながら、どんな活動をしてきたかを伝え合っていきました。

 

つづいて昨年の活動をもとに、メンバー同士で今年1〜5月まで取り組む活動内容を話し合い、石巻市子どもセンター周辺の商店街の活性化を行うことに決定!昨年行った商店街のまち歩きや子どもまちづくりクラブ報告会での商店街の方々との意見交換の経験を活かして、今年は実際に自分たち、子どもたちの手で商店街の活性化に取り組んでいきます。


■石巻市子どもセンターを利用する子どもとおとなのための商店街マップづくり!■
2月9日の活動では、商店街の活性化を実現するためにメンバーが出したさまざまなアイデアを検討。メンバーのアイデアを“ねらい”と“手法”、さらに“今行ったほうがいいもの”と“今後行ったほうがいいもの”に分類!



その結果、まずは石巻市子どもセンターを利用する小・中・高校生や保護者の方々に商店街を知ってもらい、商店街にも足を運んでもらうため、“商店街マップづくり”を行うことに!様々なマップを参考に、作成するマップのアイデアを練りました。さらに、子どもセンターを利用する子どもやおとなの声をマップに反映するために、特設アンケートをギャラリーに設置♪


〜メンバーの声〜
・分からないことだらけだったけどおもしろい写真をみれたりできて、おもしろかったです。意見を出すとき、みんなと話し合えて、良かったです。(小5・女子)
・あたらしい人もきたし、そしてあたらしいステージにはいったから、これまでの自分とはかわれるようにがんばる。1〜5月の活動でやりたいことがでてきたとき、おもしろそうだから、できるかどうかたのしみ。(中2・男子)
・今日はなんか時間がすぎるのが早かった!!!マップつくりたーい!BBQしたーい!ポップコーンフェスティバルしたーい!早く企画、じっししたい!これからの活動がたのしみ(中2・女子)
・途中参加だったけど、たっくさん話せたし、新しいメンバーもいて嬉しかった!!次回の活動でも沢山考えて、受験のリフレッシュをしたいです!(中3・女子)


今後の活動で、石巻市子どもセンター利用者の方々や商店街の方々の声をもとに、さらに具体的な内容をつめていくメンバー。どんな商店街マップができるのか?!これからも石巻市子どもまちづくりクラブは石巻の復興を目指して活動していきますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします!


(報告:石巻市子どもセンター職員 進士知子)


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP