トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 参加者大募集!3/30〜31 第2回「世界の防災に向けて、私たちが伝えたいこと! 」ワークショップ(2014.03.07)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2014.03.07)

参加者大募集!3/30〜31 第2回「世界の防災に向けて、私たちが伝えたいこと! 」ワークショップ(2014.03.07)

 
2014年6月22日〜26日、タイでアジアの防災について話し合う国際会議、第6回アジア防災閣僚会議が開催されます。セーブ・ザ・チルドレンでは、この会議で世界に向けて自分たちの声を届けたい!という東北の子どもたちを募集しています。まずは3月30〜31日に実施するワークショップに参加ください!


世界には、地震や津波、干ばつや洪水のような自然災害から私たちの命を守るための国際的な行動計画「兵庫行動枠組」があります。今年の第6回アジア防災閣僚会議では、2015年に日本で開催される第3回国連防災世界会議で決定する予定の「ポスト兵庫行動枠組」に向けたアジア太平洋地域の提言のとりまとめが行われ、東北の子どもたちをはじめ世界中から子どもたちも参加する予定です。 


そこで、セーブ・ザ・チルドレンでは、東北の子どもたち自身が東日本大震災の経験をもとに声をあげ、子どもたちの意見を世界の防災に関する計画に反映してもらうためのワークショップを実施します。ワークショップでは、参加した子どもたち同士で世界の防災について考え、意見をまとめます。そして、第6回アジア防災閣僚会議に参加する代表メンバーを子ども同士で話し合って決める予定です。(代表に選ばれたメンバーはタイ・バンコクに行き、東北の子どもたちの意見を伝えることができます。)
※昨年実施した「世界の防災に向けて、私たちが伝えたいこと!」ワークショップ およびそこで選ばれたメンバーが参加した「第4回防災グローバルプラットフォーム 」の様子もご覧ください。


世界にみなさんの思いや意見を届けるために、ぜひワークショップに参加して意見交換しませんか?きっと地域や学年を超えて、いろんな仲間と出会えるはず。みなさんのご参加、お待ちしています!


★「第2回 世界の防災に向けて、私たちが伝えたいこと! 」ワークショップ★
【日時】 2014年3 月30日(日)〜31日(月)
【場所】 茂庭荘(宮城県仙台市)
【対象】 岩手 ・宮城・福島県の小学5年生以上18歳未満の子ども
※県外に避難している子どもたちも、参加できます。
【定員】 40名
【参加費】 無料(交通費・宿泊費・食費、保険等も弊会が負担します。)
【プログラム】(予定)
・2011年に世界中の子どもの声をもとにつくられた「災害リスク軽減のための子ども憲章」を参考にしながら、意見交換
・東日本大震災の経験をふまえて、世界の防災の取り組みをより良いものにするにはどうしたらいいか話し合い、意見まとめ
・第6回アジア防災閣僚会議に参加する代表メンバー(数人)を子どもたち自身で決定
※その他、交流会や温泉などのお楽しみイベントもあります♪
【申込み方法】
下記の内容を明記の上、Eメール、電話、またはFAXにてお申し込み下さい。
・氏名(フリガナ)、・(4月からの)学年 、・住所、・電話番号、・メールアドレス、・保護者氏名
※・について:こちらからお電話をする場合があります。 連絡がつきやすい番号をご記入ください。
【申込み締切】 3月18日(火)
※お申込みいただきました方には、詳細をメールまたは電話にてご連絡いたします。
【申し込み先・問い合わせ先】
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン遠野事務所 担当:中村
Eメール:soft@savechildren.or.jp  電話:0198-68-3012 FAX:0198-68-3637
【主催】 公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

※詳細チラシはこちら         



(報告:遠野事務所 中村悠)

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP