トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 子どもまちづくりクラブVol.53〜宮城県石巻市〜(2014.09.22)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2014.09.22)

子どもまちづくりクラブVol.53〜宮城県石巻市〜(2014.09.22)

 
自分たちが企画・デザインし、昨年末に完成した石巻市子どもセンター(以下センター)を拠点に活動する石巻市子どもまちづくりクラブ(※)。センターの「子ども会議」メンバーと交流会を行いました!今回は、石巻市子どもまちづくりクラブのメンバーが、センターの利用を考える「子ども会議」メンバーと交流を深め、復興に向けてまちづくりに取り組んできた活動を伝えた様子をお届けします。



■子ども参加を柱に!「石巻市子どもまちづくりクラブ」と「子ども会議」■
センターでは一般来館の他に、就園・就学前の親子を対象にした事業、小学生・中学生・高校生世代を対象にした事業と、様々な事業を実施しています。その事業の中でもセンター事業の柱となってくるのが、子どもたち自身がその利用方法などについて検討する「子ども会議」、子どもたちが地域の一員として復興に向けたまちづくりに取り組む「石巻市子どもまちづくりクラブ」の2つ。この2つの事業はセンターが子どもの社会参加の拠点となるめには欠かせない事業です。

■知ろう!楽しもう!小学5年生〜高校3年生が一緒に■
2014年1月のセンター開所以来、活動を続けてきた石巻市子どもまちづくりクラブと子ども会議ですが、9月15日(月)にそれぞれの活動に参加する子どもたちが交流会を行いました。この日は、センターが祝日休みということで貸切に!普段は活動日が異なることからなかなか一緒に活動をすることはない2つの事業ですが、センターで活動する子どもたち同士交流を深めたいという声がメンバーからあがり、今回の企画にいたりました!

まずはお互いのことを知るために交流ゲームからスタート!カードを使って自己紹介をしたあとは、2グループに分かれてドッジボールで大盛り上り♪センター全体を使って、かくれんぼのようなゲームも。

 

身体を動かすだけでなく、お互いの活動紹介も実施!石巻市子どもまちづくりクラブはこれまでの活動やセンターの各部屋に込めた思い、現在進める商店街マップづくりについて発表。子ども会議メンバーからは、これまでにセンターの利用について話し合ってきた内容を聞きました。お互い、どんな活動を行っているかもっと知ることができ、少し身近な存在になったかな!?

    



また、子どもまちづくりリーダーツアー2014に参加した石巻市子どもまちづくりクラブメンバーと子ども会議代表メンバーは、リーダーツアーでの学びや気づきも報告しました。首都圏で活動する同世代の活動を見学したメンバーからは「ミニさくらでは、おとなが口出し禁止というルールで行っていたので、ぼくたちも子どもだけで運営していきたい」、「和光こどもかふぇでは、来た人がみんな仲良くなっていたので、子どもセンターもそうしていきたい」「子ども主体の活動でイベントを実施しているところが参考になった」という声も♪

お昼にはセンターのキッチンとギャラリーを使い、みんなで手作りピザとおにぎりづくり。おにぎりを握るのが初めてのメンバーも苦戦しつつ、みんなで美味しい昼食を完成させ、リラックスした雰囲気の中、交流★

  

最後はグループに分かれてフリートークタイム♪「なんでクラブに入ろうと思ったの?」という活動への動機や思いから、好きなマンガの話題まで盛りだくさん!お互いの活動内容だけでなく、学年や性別の垣根も超え、様々な話で盛り上がりました。



■一人ひとりの今後の活動への意気込み!■
交流会の最後には子どもまちづくりクラブ、子ども会議に分かれて、今後への意気込みを画用紙に寄せ書き!石巻市子どもまちづくりクラブメンバーが考えた“石巻の活性化のために中高生が中心となってつくり、運営をする施設。みんなが過ごしやすく、子どもの想いを世間の人たちに伝えられる場所”というセンターのコンセプトを目指して、子どもたちはどんなメッセージを書いたのでしょうか?

  

〜参加者した子どもたちの今後への意気込み〜
・いろいろな意見をだして、この子どもセンターを良くしていきたいです。(子ども会議・中1・男子)
・もっとたくさんの人に子どもセンターを使ってもらいたいのでもっとかつどう頑張ります!!(子ども会議・中3・女子)
・石巻の復興のためにいっぱい意見を出したい。(子ども会議&子どもまちづくりクラブ・小6・男子)
・もっともっと子どもまちづくりクラブのことを知ってもらうためにPRを積極的に行い、石巻の復興となるようにしていきます!!(子どもまちづくりクラブ・高1・女子)

終了後、子どもたちからは「これからも一緒に企画したい!」という声があがり、交流はもちろん、お互いの活動への意識を高めあえる場となったようです。これからも、石巻市子どもまちづくりクラブは、子ども会議メンバーと協力して、センターを盛り上げていきます!今後の石巻市子どもまちづくりクラブと子ども会議、そしてセンターの子どもたちの活躍をぜひご期待ください♪


(報告:石巻市子どもセンター 進士知子)

石巻市子どもまちづくりクラブは、2011年7月にセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが子どもたちに呼びかけ発足。石巻市子どもセンター完成後、石巻市子どもまちづくりクラブもセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンから石巻市の事業へ移管されました。


 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP