トップページ > スタッフブログ > SOAP > ap bank fes'10にて子どもの貧困問題について発信:SOAP(2010.08.02)

SOAP
(公開日:2010.08.02)

ap bank fes'10にて子どもの貧困問題について発信:SOAP(2010.08.02)

 

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)では、日本の子どもたちの貧困問題への取り組み"Speaking Out Against Poverty(SOAP)?夢や希望をうばわれないために?"を実施しています。この度、ap bankにこの取り組みにご賛同頂き、ap bank fes'10にて啓発イベントを実施しました!


■『Save the Children Night』■


今回のイベントは、"LOVE CHECK"を新たにスタートさせたap bankとのコラボにて実施。2010年7月19日(祝)ap bank fes'10最終日となるこの日、"子どもたちに夢と希望を!"をスローガンに、スペシャル・アフターパーティ『Save the Children Night』が行われ、MY Little Loverのシークレットライブとともに、キャンドルアーティスト・Candle JUNE氏のプロデュースによる鮮やかなキャンドルメッセージがフィナーレを飾りました。


Produce: ap bankCandle JUNE、Save the Children
協力:カメヤマローソク


■メッセージは"DREAM"■


当日は、koti market正面にある丘の上に設置されたSCJブースでは、夕刻のメッセージキャンドルセレモニー実施に向けて、来場者のみなさまからもメッセージを募集。約330名の方々が、SCJやSOAPの活動紹介パネルを見ながら、子どもたちは"夢"を、大人は"日本の子どもたちへの思い"を書き込み、参加しました。またブースには、ap bank代表の小林武史さんをはじめfesに出演されたアーティストの方々14名からのメッセージも展示されました。


100719apbfes_1.JPG
100719apbfes_2.JPG


 


?書きこまれたメッセージ? ※一部紹介
"将来の夢 やくざいし"
"大きくなったら 大工さんになりたい"
"みんなが少しづつまわりの気持ちを考えたら やさしい世界になる"
"生きる力を止めようとする問題に いま私も向き合いたい"


そして夜。総勢約350名の想いが託されたメッセージキャンドルカップを含む計1300本のキャンドルで描かれたのは"DREAM"の文字。My Little Loverの演奏とともに、丘に浮かび上がる"DREAM"の文字は、本企画のスローガンでもある"子どもたちに夢と希望を!"にふさわしい、願いと想いがあふれるものとなりました。


100719apbfes_3.JPG
100719apbfes_4.JPG


 


このほか、会場内ではSCJへの募金箱が設置され、計70,988円のご寄付が集まり、My Little Loverとkitsonのコラボによるチャリティストールも販売されました。これらのご寄付は、SOAP事業を通じて、日本の子どもの貧困解決のために、大切に使わせていただきます。


■より多くの方々と子どもの貧困解決に向けて■


今回のコラボイベントでは、来場者が一日2万人を超える会場で、多くの方々が日本の子どもの貧困について知り、貧困下の子どもたちに想いをはせる場を創ることができました。


SCJでは、今後もより多くの方々に日本の子どもの貧困を知って頂けるよう、啓発キャンペーンを実施していきます。子どもたちが夢や希望をうばわれないために、みなさまのご賛同・ご参加お待ちしております!






 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP