Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/sc_activity.php on line 332 Warning: Unexpected character in input: '' (ASCII=8) state=0 in /virtual/143.125.241.114/home/scjcms/sc_activity.php on line 333 ポジティブ・ディシプリン実践演習例
トップページ > スタッフブログ > 日本 > ポジティブ・ディシプリン実践演習例

日本
(公開日:2009.09.01)

ポジティブ・ディシプリン実践演習例

 

イメージ:子ども3歳になるあなたの子どもは、ボール遊びが大好きです。転がしたり、座ってみたり、投げたりと、いろいろな遊び方で楽しんでいます。ある日、子どもと一緒にショッピング・センターへ出かけました。赤い大きなボール(売り物)を見つけるやいなや、突然駆け出し、ボールをつかみ、床に転がし、走り出しました。


あいにく、そのボールを買う手持ち金がありません。あなたは、子どもを追いかけ、ボールを元の場所へ戻すよう促しました。子どもは泣き出し、ぐずり始めました。

あなたは、この状況にどう対応しますか?

  1. パシィ!と頭を叩き、行儀よくするよう促す。
  2. 「ぐずねていると、あなたを好きになる人はいないよ。」と、強い口調で伝える。
  3. 「ボールがとっても好きなんだ」と、まずは同意を示す。でも、もち合わせのお金がないことも伝える。気持ちが収まるまで、外に一緒に出ることを進め、彼が
    落ち着くまで、近くに寄り添う。子どもが悲しく、つらい気持ちであることを理解し、同時に、悲しみ、そして、つらい気持ちについて教える。お金がない時
    は、物を買うことができないことも説明する。その後、子どもの気を紛らわし、当初の目的である買い物を済ませる。

それでは、ポジティブ・ディシプリンをどう使うか、
一緒に考えてみましょう。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

★まずは、あなたの子育てゴール(長期的ゴール)は何かを考えてみてください。
Q1.あなたの長期的ゴールを達成するための選択は、上記1〜3のどれですか?

★あたたかさ、ルールの提供、そのことを考えてみてください。
Q2.以下は、あたたかさ、そして、ルール・ガイドの具体例です。上記1〜3の対応それぞれが、あたたかさ、ルール・ガイドの提供に適っているか、該当するものを選択してください。

あたたかさ、ルール・ガイドの具体例
★発育段階に応じた子どもの気持ちを理解(*ポジティブ・ディシプリンを読みすすめることで理解できます。)
Q3.なぜ、子どもはかんしゃくを起こしたと思いますか?

★課題解決型の手法 *ピンチをチャンスに
Q4.ポジティブ・ディシプリンに触れたあなたが選択する対応は、1〜3のどれでしょうか?

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

3を選択した方へ
→あなたは、ポジティブ・ディシプリンを既に理解しはじめています。
完全理解を目指し、一緒に学びましょう。

3以外を選択した方へ
→決して、間違ったということではありません。
子どもの成長を支えるため、ポジティブ・ディシプリンを一緒に始めましょう。

日々の子育ては、そうたやすくない。ストレスがいっぱい。落ち着いて考えられない。そう、考える方も多いと思います。でも、ポジティブ・ディシプリンをもっと知ることで、このストレスが自然と軽減されるはずです。まずは、トライしてください。








 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP