トップページ > スタッフブログ > アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター) > 【G7伊勢志摩サミット】スーパーヒーローになれなかったG7首脳:首脳宣言に対するセーブ・ザ・チルドレンの見解

アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター)
(公開日:2016.05.27)

【G7伊勢志摩サミット】スーパーヒーローになれなかったG7首脳:首脳宣言に対するセーブ・ザ・チルドレンの見解

 
【2016年5月27日12時 伊勢志摩】

セーブ・ザ・チルドレンは、G7首脳が首脳宣言で「持続可能な開発目標」(SDGs)の野心的な目標に対応し、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)*において重要なコミットメントを示したことを評価します。私たちは新しい「UHC 2030アライアンス」に向けた安倍首相のリーダーシップとG7首脳の協力を歓迎します。

*ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは、誰もが、どこでも、お金に困ることなく、自分の必要な質の良い保健・医療サービスを受けられる状態

しかし、このアライアンスに対する資金拠出、また途上国で特定の疾患ごとの資金拠出が引き起こしている分断を削減するための保健援助の協調に対するコミットメントが示されていないことについては、残念だと考えています。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン事務局長の千賀邦夫は言います。「UHCは、貧しい国々におけるすべての女性および子どもの日々の保健医療ニーズを満たすために重要です。伝染病の流行から世界を守ることだけが重要なのではありません。」

私たちはまた、G7首脳がエルマウG7サミットで示した、2030年までに5億人の人々を飢餓と栄養不良から救うという約束を達成するためのコミットメントを示したことを、歓迎します。さらに、「成長のための栄養サミット」などの主要な機会の開催を支持したことについても歓迎します。「食料安全保障及び栄養に関するG7行動ビジョン」は、説明責任の強化を推進してはいるものの、栄養のための追加的な資金については明示されていません。

セーブ・ザ・チルドレンは、他のNGO/NPO団体と共に、G7首脳にユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)達成のためのUHCスーパーヒーローになるよう求めてきましたが、今回の首脳宣言において、残念ながらG7首脳はスーパーヒーローにはなれなかったと評価せざるを得ません。

以上


ユニバーサル・ヘルス・カバレジッジ達成へのコミットメントを求めて、G7首脳をUHCスーパーヒーロに見立てた等身大パネルをG7伊勢志摩サミット国際メディアセンター隣接のNGOスペースで展示

プレスリリースのPDFはこちらからダウンロードできます

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP