トップページ > スタッフブログ > コンゴ民主共和国 > アンゴラとコンゴ民主共和国で流行する黄熱、世界各地で感染拡大の可能性も

コンゴ民主共和国
(公開日:2016.08.17)

アンゴラとコンゴ民主共和国で流行する黄熱、世界各地で感染拡大の可能性も

 
アンゴラとコンゴ民主共和国で現在流行する黄熱に関し、セーブ・ザ・チルドレンは、このままでは近いうちに、ヨーロッパをはじめ南北アメリカ、アジアにも感染が広がる可能性があると、警告します。


ワクチン接種を受ける青年(ボーマ 6月)

アンゴラとコンゴにおける今回の流行は、過去30年で最大規模のものです。黄熱は、蚊を媒介として感染する急性ウイルス性の出血性疾患で、これまでに500人近くの犠牲者を出しており、感染が疑われる患者は数千人に及びます。ウイルス感染者のおよそ2割が命を落としている状況で、感染末期には、目や耳、鼻からの出血、多臓器不全、黄熱の名前の由来となった皮膚や目が黄色くなる黄疸の症状などがあらわれます。世界保健機関(WHO)によると、実際の犠牲者や患者数は、この10〜50倍に上る可能性があります。

セーブ・ザ・チルドレンは、コンゴの保健省が17日から首都キンシャサで実施を予定している、大規模なワクチン接種キャンペーンに協力するために、11名からなる緊急保健チームを派遣しました。キンシャサは人口1,000万人以上を擁する人口が密集した都市で、今回のキャンペーンは、10月に始まる雨季に備え、さらなる感染の拡大を防ぐための施策の一環です。

派遣されたセーブ・ザ・チルドレンの緊急保健チームは、イタリア人、中国人、韓国人、アメリカ人の専門家で構成されていて、5月にもコンゴの保健省と協力し、西部の町ボーマで、221,365人に対してワクチンの接種を行いました。


ワクチンを運ぶセーブ・ザ・チルドレンの緊急保健チーム(ボーマ 6月)


今回は、17日から約10日間、キンシャサ ビンザ・オゾン(Binza Ozone)ヘルスゾーン*の約50万人を対象にしたワクチン接種を担当します。緊急保健チームはまた、貴重なワクチンを冷却保存した状態で接種所に移送するための流通システムの整備や、医療廃棄物の取り扱いについての技術的な支援も行います。*コンゴにおける保健・衛生活動の基礎単位

感染の拡大に伴い、国際的な緊急用ワクチンのストックは底をつきはじめていて、ワクチン接種キャンペーンで使用できるのは700万人分です。これは、キンシャサ、ひいてはコンゴ全域をまかなうには、到底足りない数です。

残っている限られた量のワクチンで、可能な限り多くの子どもたちや家族に対応するため、セーブ・ザ・チルドレンの緊急保健チームは、WHOの助言に従い、一回の接種に通常の五分の一の量を使用します。通常は、一回の接種で黄熱に対する十分な免疫が獲得されれば、生涯免疫を維持することができますが、今回のような少量の投与の場合、免疫の有効期間は一年程度の一時的な処置となります。

「黄熱には特別な治療法がないため、感染が拡大すれば、世界中に広がる恐れがあります。キンシャサでの大規模なワクチン接種キャンペーンを通じて、できる限り多くの子どもや家族に直ちにワクチンを届け、黄熱が陸路や空路を通じてアフリカ全土、さらには世界へ広まるのを阻止しなければなりません。通常よりも少ない量のワクチン投与ではありますが、感染拡大の阻止を目的とするためには、今はこの方法しかありません。」セーブ・ザ・チルドレン コンゴ民主共和国事務所所長ヘザー・カー

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP