トップページ > スタッフブログ > グローバルキャンペーン > 【国際ガールズ・デー】ある少女の物語 ―12歳で結婚したセネガルのビジュさん―

グローバルキャンペーン
(公開日:2017.10.10)

【国際ガールズ・デー】ある少女の物語 ―12歳で結婚したセネガルのビジュさん―

 

10月11日は、国際ガールズ・デー。
世界では、早すぎる結婚や出産で、生活や教育の機会を奪われている少女が数多く存在します。この状況は、中部および西部アフリカにおいて特に深刻です。早すぎる結婚を強いられた少女の一人である、セネガルのビジュさんの体験をイラストとともに紹介します。
セーブ・ザ・チルドレンは、児童婚をなくすため、そしてすべての少女たちが質の高い医療、教育にアクセスできるよう活動しています。


※パソコンでは画像をクリックして拡大することができます。











 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP