インド
(公開日:2011.01.01)

事業の概要

 


IMG_4925_R.JPG現在、急激な経済発展を遂げ、教育や社会保護の政策に進展がみられるインドですが、教育の質の低さや児童労働問題など、子どもの権利の実現への課題はまだまだたくさんあります。セーブ・ザ・チルドレンは、20115月から、株式会社リコーと協働で、インドのアンドラ・プラデーシュ州において教育事業を開始しました。コミュニティや子どもたち自身が有する権利や義務を理解し、子どもたちの学習環境が改善されるよう、活動を展開しています。


支援地の地図




india.jpg


 


  


 


 


 


 


支援事業について




<教育>


全ての子どもに教育を


【支援地】


アンドラ・プラデーシュ州のメダック県ハスヌーラ郡



 


 



【子どもへの効果】


子どもの権利や教育に関する情報格差をなくし、教育関係者のネットワークを構築し、そして、学習環境の改善をすることで、全ての子どもたちが質の高い教育を受けられるようになる。



 


 



【活動】


株式会社リコーから寄贈される10台のデジタル印刷機を、児童センター、学校、教育局事務所などに設置。デジタル印刷機を活用するためにモニタリング委員会を設立し、活用能力強化研修を実施。教育の権利法に基づき、各ステークホルダーの役割を周知させる。権利法履行のための能力強化研修、モニタリング体制を確立する。地域・学校において、子どもの保護体制を確立する。子どもの権利や保護の現状分析を行い、それに基いた政策提言を実施する。


株式会社リコー協働事業

※Save the Children India


インドの子ども



IMG_4960_R.JPG(1)子どもの人口(18歳未満、2009):447,401,000人(人口全体に占める割合は37%)


(2)子どもの人口(5歳未満、2009):126,114,000人


(3)5歳未満の死亡率(1,000人あたり、2009):66人


(4)小学校の純就学率(2005-2009):90%


出典:UNICEF The State of the World's Children 2011(1,2,3)およびUNICEF Childinfo Monitoring the Situation of Children and Women(4)


 


 






 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP