トップページ > スタッフブログ > アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター) > 「国連子どもの権利委員会に個人が申し立てできる制度を作ろう!キャンペーン」新春緊急集会へ(2010.01.21)

アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター)
(公開日:2010.01.21)

「国連子どもの権利委員会に個人が申し立てできる制度を作ろう!キャンペーン」新春緊急集会へ(2010.01.21)

 

昨年12月14〜18日にジュネーブで開催された国連子どもの権利委員会に対する個人通報制度に関する第1回作業部会。日本のNGOグループからは、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの森田明彦シニアアドバイザーが参加しました。


この新春緊急集会では、森田明彦をはじめとするNGOグループから国連人権理事会第1回作業部会の報告をさせていただくと同時に、今年3月に開催される国連人権理事会に向けたNGOグループの要望を国会議員そして日本政府のみなさまにお伝えしたいと思います。


■新春緊急集会への参加者募集!■


今回の新春緊急集会は、昨年10月28日、11月17日に開催した本件院内セミナーの第3回目に当たります。国会議員の方以外の子どもの権利関係者、学生、その他一般の方の参加も大歓迎です。子どもの権利の実現にとって不可欠の国連子どもの権利委員会に対する個人通報制度。一緒に勉強しながら、実現に向けて活動していきましょう!


【開催要項】
日時:1月19日(火)12:10〜13:00
会場:参議院議員会館第三会議室
内容:国連人権理事会第1回作業部会の動向報告
3月開催予定の国連人権理事会に向けたNGOグループからの要望書提出
主催:子どもの権利条約NGOグループ/日本


【参加申込・問合せ先】
参加希望者は下記まで、氏名・所属をお知らせください。
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
シニアアドバイザー/森田明彦 morita@savechildren.or.jp






 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP