トップページ > スタッフブログ > アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター) > 「国連子どもの権利委員会に個人が申し立てできる制度を作ろう!キャンペーン」民主党副幹事長と面談(2009.12.15)

アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター)
(公開日:2009.12.15)

「国連子どもの権利委員会に個人が申し立てできる制度を作ろう!キャンペーン」民主党副幹事長と面談(2009.12.15)

 

10・11月は院内セミナー等を通じて、より多くの議員や市民の賛同を得ようと活動してきた本キャンペーン。今月10日(木)には、14日(月)よりジュネーブで開催されている国連子どもの権利委員会に対する個人通報制度に関する審議を行う第1回作業部会に先立ち、民主党副幹事長と面談しました。


■民主党副幹事長に日本政府の積極的な取り組みを要請■


民主党副幹事長である山根隆治参議院議員と吉田おさむ衆議院議員との面談には、子どもの権利条約NGOグループ/日本の構成団体であるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの渋谷弘延事務局長と森田明彦シニア・アドバイザー、プラン・ジャパンの鶴見和雄事務局長と池原知美職員、ワールド・ビジョン・ジャパンの片山信彦事務局長と谷村美能里職員が参加。


子どもの権利条約NGOグループ/日本は、両副幹事長に対して、日本政府が総論として国際人権委員会に対する個人通報制度へ加入する意思を示しているにもかかわらず、国連子どもの権利委員会に対する個人通報制度については、「交渉プロセスを妨げることはしない(will not block the process)」という、消極的な姿勢に終始していることに懸念を表明し、日本政府の積極的な取り組みをお願いしました。


その結果、山根隆治副幹事長より、「本日、外務省の政務三役と会うので、その際にこの問題についても話し合ってみて、前向きに検討していきましょう」との回答を得ることができました。


 



091210民主党副幹事長対談


 


■ジュネーブにて第一回作業部会開始■


12月14(月)?18日(金)にジュネーブにて開催されている第一回作業部会は、国際子どもの権利委員会に対する個人通報制度の創設に向け、実際に作業を開始するかどうかを決める重要な会議です。
世界中の子どもの権利NGO、子どもの権利の専門家が集まる中、どのような結論が出されるのか。日本からも、子どもの権利条約NGOグループ/日本の事務局を務めるセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンより森田明彦シニア・アドバイザーが参加し、作業部会の審議の様子は、キャンペーン・ブログで連日ご報告します。






 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP