トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 子どもたちに聞きました。5 「市長さんと話せて、良かった」(2011.10.21)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2011.10.21)

子どもたちに聞きました。5 「市長さんと話せて、良かった」(2011.10.21)

 

Hear Our Voice2では、子どもたち数人からまちづくりについて話を聞き、その中から、「もっと話したい!」という子にインタビューを行っています。


2011年7月29日に陸前高田市でインタビューをしたとき、子どもたちから「市長さんとこれからの陸前高田について話したい」という要望がありました。それを聞いたスタッフが、戸羽太陸前高田市長にその話をしたところ、快諾してくださり、2011年10月4日に子どもたちと市長さんの対談が実現しました!


当日、対談前に子どもたちに会いに行くと、「緊張するー」というAくんと、「全然緊張しない」というBくん。対照的な2人ですが、両者とも、これからの対談がとても楽しみなようです。事前打ち合わせ中には、近所の方々も様子を見に来て、差し入れをくださったり、「頑張ってこい」と声をかけてくださったり、とても温かく送り出してくれました。


そして、対談本番!
少し緊張しながらも、堂々と質問をしたり、自分の考えを提案する2人。市長さんからも、温かいメッセージをいただいて、無事終了しました。
インタビュー.JPG                  左:久保田副市長 中央:対談を希望した子どもたち 右:戸羽市長


終わってからの帰り道、感想を聞くと、「ちょっと緊張したけど、話せてよかった」「自分たちの意見を聞いてくれてうれしかった」という子どもたち。
対談の様子は、2011年10月28日(金)にYouTubeに開設したSpeaking Outチャンネルにて公開しますので、ぜひご覧ください。


私たちセーブ・ザ・チルドレンは、子どもたちに話す場所や機会を提供できるようこれからも活動していきます。その1つとして、11月20日(日)に仙台にて、「東北子どもまちづくりサミット」を開催します。みなさま、ぜひお誘いあってお越しください!


*これまでSpeakingOutチャンネルに公開したインタビュー調査動画もぜひご覧ください。
「Vol.1岩手県小学生の声」はこちら
「Vol.2岩手県中学生の声」はこちら
「Vol.3宮城県高校生の声」はこちら
「Vol.4宮城県高校生の声」こちら






 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP