トップページ > スタッフブログ > アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター) > 今年も「STAND UP TAKE ACTION」に参加しました!(2011.10.25)

アドボカシー(チャイルド・ライツ・センター)
(公開日:2011.10.25)

今年も「STAND UP TAKE ACTION」に参加しました!(2011.10.25)

 

101から17日まで、貧困解決のための世界的な取り組みである「STAND UP TAKE ACTION」キャンペーンが実施され、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは昨年に引き続き、今年もこのキャンペーンに参加しました!


世界的な貧困解決を目指し、立ち上がって(STAND UP)、行動(TAKE ACTION)しようと呼びかけるこのキャンペーン。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのオフィスでは、宣誓文を読んだあと、全職員が「貧困をなくすぞ!」との思いと共に写真撮影。




SCJ東京事務所.JPG





東京事務所






SavetheChildrenJapan_SendaiOffice_20111014.jpg


仙台事務所




id000599p.jpg





遠野事務所







私たち職員も、貧困解決への思いを新たにしました。


また、1015()にはメインイベントとしてパレードが開催され、セーブ・ザ・チルドレンの職員も参加しました。力強いサウンドのアフリカの音楽やラテンジャズで開幕したこのイベント。


DSC03318.JPG




DSC03370.JPG


パレードに出発する前にたくさんの元気をもらいました!





DSC03344.JPG





思わず踊りだす職員




パレードでは、ミレニアム開発目標(MDGs)の達成と貧困削減への取り組みを呼びかけながら、約1時間かけて国連大学?表参道?神宮前?渋谷駅前?宮益坂?国連大学のコースを歩きました。


DSC03535.JPG





先頭を歩くのはブラスバンド部隊の皆様。


DSC03488.JPG









セーブ・ザ・チルドレンはMDGsの2番目の目標である「初等教育の完全普及」のリードを
務めました。













DSC03543.JPG







DSC03649.JPG















そして、無事にゴール


ご参加、ご協力頂きました皆様。本当にありがとうございました。



DSC03655.JPG



セーブ・ザ・チルドレンは「EVERY ONE」キャンペーンを通じて、今回のパレードでも呼びかけられた「乳幼児死亡率の削減」と「妊産婦の健康の改善」に取り組んでいます。MDGsの目標達成期限まであと4年。一人でも多くの命を守ることができるよう、引き続き皆様の温かいご支援を宜しくお願いします。


(c) Save the Children Japan








 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP