トップページ > スタッフブログ > 日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり > 子どもまちづくりクラブVol.7〜宮城県石巻市〜(2012.07.05)

日本/東日本大震災/子どもにやさしい地域づくり
(公開日:2012.07.05)

子どもまちづくりクラブVol.7〜宮城県石巻市〜(2012.07.05)

 
セーブ・ザ・チルドレンは、地域の復興に向け、子どもたち自身が声を上げ、参加することで、より良いまちづくりを目指そうと、子ども参加によるまちづくり"Speaking Out From Tohoku~子どもの参加でより良いまちに!〜"を実施しています。この活動の一環として、2011年6月下旬から岩手県山田町、陸前高田市、宮城県石巻市にて「子どもまちづくりクラブ」がスタートしましたが、今回は宮城県石巻市の子どもたちの最近の活動をお届けします!

■子どもまちづくりクラブのテーマソングづくりがスタート!■

今回のテーマソングづくりは、トヨタ エスティマハイブリッドとDREAMS COME TRUEが手を組んで、スタートした「CREATE THE FUTURE PROJECT」の一環です。”未来のまち”をテーマに計2回のワークショップを通じて、石巻をはじめ三地域のメンバーの”未来のまち”に向けた思いを歌にしていきます。

■歌詞づくりがスタート!■

2012年6月30日(土)は、「子どもまちづくりクラブ」メンバー12名が集まり、目黒真二氏のサポートを受けて、歌詞づくりを始めました。まずは目黒氏に作詞・作曲の手順や方法、歌詞を作るときのキーポイントについて教えてもらいました。

その後、今回の歌づくりのテーマである「未来のまち」について、メンバーの思いを書きだしていきます。メンバーからは「大人になったら子どもたちに知ってほしいことを伝えたい」「みんなで一緒に過ごして楽しめるまちにしたい」など明るい未来を感じるワードがたくさん出てきました。



続いて、メンバーから出てきたワードを選択し、起承転結に合わせて並び替え!
『起』は今の状態、『承』はちょっとした未来、『転』はこれからどうするか、
『結』は決意。起承転結、に合わせてメンバーの出したアイディアを文章化し、石巻のパートができあがり〜♪
 まだまだ細かいところはメンバーみんなで磨いていきますが、メンバーの思いがこもった歌詞ができあがりました。


腕前拝借!

■DREAMS COME TRUE のみなさんからメンバーへプレゼント!!■

歌詞づくりを終えると、サプライズゲストが登場!
なんと、DREAMS COME TRUEの吉田美和さん、中村正人さん、ファジーコントロールのJUONさん、シンガーソングライターの中澤信栄さんが石巻子どもまちづくりクラブのメンバーに会いに来て下さいました。

まずは、「想像を超える明日へ」の生ライヴ演奏!緊張気味だったメンバーも
吉田美和さんにマイクを向けられると、満面の笑顔で一緒にライブに参加。



ライヴの後は歌づくりをする時のエピソードやアドバイスを話してくださり、「楽器が弾けなくても想いがあれば曲はできるんだよ。」と、メンバーへ熱いエールも頂きました。さらに、メンバーからDREAMS COME TRUEのみなさんに質問も。「歌が上手になるにはどうすればいいですか?」「行き詰った時はどうしているんですか?」などの質問をなげかけると、「好きな歌を何回も聴く!」「毎日努力していることは、なんでもむすびつく」「映画を見たりする」といった答えを頂き、メンバーは大満足。

ワークショップが終わってからも、メンバーとDREAMS COME TRUEのみなさんでギターを触ったり、メンバーが考えた歌詞についてメンバー自ら説明し、コメントを頂いたりしていました。



これからも8月後半の完成にむけて、宮城県石巻市、岩手県山田町、陸前高田市の3地域のメンバーで歌を創りあげていきます。みなさんにもお届けしますので、楽しみにしていてください!

また、「子どもまちづくりクラブ」の各地域の活動を定期的にレポートしていきますので、みなさんの応援・サポートよろしくお願い致します。

(報告:仙台事務所・菅原絵美)

 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

毎月寄付する

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

今回寄付する

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP