セーブ・ザ・チルドレンとは

セーブ・ザ・チルドレンは
子どもの権利のパイオニアとして約100年の歴史を持つ、子ども支援専門の国際NGOです。

「子どもの権利」のパイオニアとして

セーブ・ザ・チルドレンは、子ども支援活動を行う、民間・非営利の国際組織です。1919年、イギリス人女性エグランタイン・ジェブによって設立されました。彼女は第一次世界大戦で荒廃したヨーロッパで、敵味方の枠を超えて、栄養失調に苦しむ敵国の子どもたちの援助に取り組みました。その活動の中で、子どもの権利に関する世界初の公式文書とされる「ジュネーブ子どもの権利宣言」を起草。その理念は、現在196の国と地域が締結している国連の「子どもの権利条約」へとつながり、世界に広がっています。
現在、日本を含む29ヶ国の独立したメンバーが連携し、約120ヶ国で子ども支援活動を展開。子どもの権利のパイオニアとして、国連や各国政府からもその専門性を認められ、世界中で、子どもを取り巻く環境に変革をもたらしています。

創設者 エグランタイン・ジェブ

日本で設立30年

日本では、1986年にセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが設立され、国内外で、行政や地域社会と連携し、子どもたちとともに活動を行っています。海外では保健・栄養、教育などの分野で活動するほか、自然災害や紛争における緊急・人道支援を実施。また、国内では、子どもの貧困問題解決や子ども虐待の予防などに向けた事業のほか、東日本大震災や熊本地震における緊急・復興支援を通して、子どもの権利を実現する活動を行っています。

1920年当時 セーブ・ザ・チルドレンの食糧支援を受けるロシアの子どもたち

ビジョン

セーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもにとって、生きる・育つ・守られる・参加する「子どもの権利」が実現されている世界を目指します。

ミッション

セーブ・ザ・チルドレンは、世界中で、子どもたちとの向き合い方に画期的な変化を起こし、子どもたちの生活に迅速かつ永続的な変化をもたらします。

私たちが大切にすること

説明責任ACCOUNTABILITY

人材・資金・情報など、あらゆるリソースを効率的に活用し、確実な成果を上げ、支援者や活動を共にするパートナー、そして誰よりも子どもたちに対して自らの行動を説明することに、一人ひとりが責任をもちます。

高い志AMBITION

現状に甘んじることなく、高い目標を掲げ、子どもたちのためのあらゆる取り組みにおいて、質の向上を求めていきます。

協力COLLABORATION

互いを尊重し認め合い、多様性を活かし、子どもたちの生活に変化を起こすため、世界的なネットワークを駆使してパートナーたちと協力し行動します。

創造性CREATIVITY

子どものため、そして子どもとともに持続的な解決策を考え出すべく、必要なリスクをいとわず、変化を受け入れ、新しいアイデアに耳を傾けます。

誠実さINTEGRITY

誠意をもって正直にふるまうことを自らに求め、社会からの信頼を損なうことなく、常に子どもたちの最善の利益のために行動します。

組織概要

組織名
公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
設立年月日
1986年5月1日
所在地
【本部事務局】
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-8-4 山田ビル4F
【大阪事務所】
〒541-0043
大阪府大阪市中央区高麗橋2丁目2-3
ツクダビル3F
経常収益
24億1706万円(2015年度実績)
事業内容
途上国における開発援助・緊急援助。
国際協力、途上国の子どもに関する日本での啓発活動。
関係機関
外務省 / 文部科学省/国際協力機構(JICA) / ジャパン・プラットフォーム(JPF) / 日本郵政 /国連児童基金(ユニセフ:UNICEF) / 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) / 世界銀行 / セーブ・ザ・チルドレン / 日本および世界のNGOなど
PAGE TOP

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-8-4 山田ビル4F