トップページ > スタッフブログ > 日本/国内災害 > 避難所などに設置する子どもの居場所の重要性

日本/国内災害
(公開日:2019.09.14)

避難所などに設置する子どもの居場所の重要性

 

地震や洪水など自然災害や緊急時、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化します。そして、家を失ったり、見慣れた町の景色が一変したり、大切なものを失うなど、子どももさまざまな困難に直面します。




動画は、熊本地震緊急支援時、セーブ・ザ・チルドレンが開設・運営した「こどもひろば」の様子。

また、避難先などでは子どもは慣れない環境に置かれ、子どもが必要とする安心感を得ることが難しいこともあります。そのため、私たちセーブ・ザ・チルドレンや多くの子ども支援団体は、災害などの緊急時、避難所などに子どもの居場所づくりを行います。

子どもの居場所は、子どもたちが自分の思うままに遊んだり、友達と過ごしたりする中で、子どもが再び自分らしくいられる場です。また、子どもが難しい状況や問題を自分の力で対処していくサポートへもつながります。

加えて、子どもが安心・安全な居場所にいることで、親や養育者は災害後の生活再建に集中することができます。

緊急時も、子どもが子どもとしての時間を過ごせる居場所の重要性を皆さんの地域でもぜひ考えてみませんか。

子どもの居場所づくりの参考資料をご紹介します。無料でダウンロードできます。



 

あなたのご支援が子どもたちの未来を支えます

もっと見る

月々1500円から、自分に合った金額で子どもの支援ができます。
定期的に年次報告書や会報誌をお送りしています。

1回から無理なくご支援いただけます。

PAGE TOP